現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > MotoGPイギリスFP3:レコード更新祭りでクアルタラロ首位。中上Q2進出

ここから本文です
スポーツ 2019.8.24

MotoGPイギリスFP3:レコード更新祭りでクアルタラロ首位。中上Q2進出

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 MotoGp第12戦イギリスGPのフリー走行3回目が行われ、ペトロナス・ヤマハのファビオ・クアルタラロがレコードタイムを更新して首位につけた。

 初日に続き、まずまずの天候に恵まれたシルバーストン・サーキット。気温は21℃、路面温度は25℃というコンディションで予選組分けを決するFP3のセッションがスタートした。

    ■「2日目はしっかりタイムを上げたい」初日11番手の中上貴晶、得意サーキットに意欲

 路面が再舗装され、グリップが向上したコースでは、セッション序盤からタイムは上昇傾向になった。

 まずはカル・クラッチロー(LCRホンダ)が2分0秒236をマークして首位につけ、マルク・マルケス(レプソル・ホンダ)、ジャック・ミラー(プラマック)がこれに続いた。ただ、前日のFP2で既にファビオ・クアルタラロがレコードタイムとなる1分59秒225をマークしていたため、タイム改善の余地はまだまだ大きそうな状況だった。

 そして開始から15分というところで、マルケスが1分59秒972までタイムを縮めた。

 セッション中盤にはマーベリック・ビニャーレス(ヤマハ)がターン16でコースオフを喫してグラベルに飛び出す場面はあったものの、大きなアクシデントには発展しなかった。

 残り20分頃にはミラーのマシンにトラブルが発生。エンジンが停まってしまった様子だ。ミラーはコース外にマシンを止め、ピットへと戻った。

 同じ頃、中上貴晶(LCRホンダ)が2分0秒138をマークして総合7番手に浮上。徐々にタイムを詰めてきた様子だ。

 シルバーストン・サーキットは路面再舗装によりバンプ(路面の凹凸)が改善されたとライダーはコメントを発しているが、ターン18のエイペックス近くではフロントタイヤが激しく上下する場面が捉えられており、一部ではバンプが残存していると見られる。

 残り14分、地元戦となるクラッチローが1分59秒184とレコードを更新して、総合トップに浮上……かと思われた。

 しかしクラッチローの後ろでアタックに入っていたクアルタラロが1分58秒901と驚きのタイムを叩き出し、その次の周回でも1分58秒727と更にタイムを縮めたことで、レコードタイムはこの数分で2度も更新されることとなった。

 残り時間は10分を切り、各ライダーのアタックが激しさを増す。

 トップ10圏外に弾き出されていたドゥカティのアンドレア・ドヴィツィオーゾは残り4分を切った頃に一度10番手につけたが、ポル・エスパルガロ(KTM)やミゲル・オリベイラ(テック3・KTM)といったKTM勢がタイムを上げてきたことで、再び弾き出されてしまう事態となった。

 一方で中上は1分59秒621をマークし、7番手に浮上。しかしアレイシ・エスパルガロ(アプリリア)、バレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)といった面々が上位に割って入り、10番手までポジションを落とした。

 残り1分、ロッシが1分58秒693と更にレコード更新となる爆速ラップをまとめあげ、総合トップに浮上した。

 チェッカー後のラストアタックでは、クアルタラロが再び魅せた。1分58秒547と、ロッシを上回る驚速タイムを記録し、総合トップタイムにつけた。このセッション何度目かのレコード更新のおまけ付きだ。

 結局クアルタラロのタイムを超えるライダーは現れず、2番手はロッシ、3番手はマルケスという並びとなった。

 そしてトップ10ギリギリに位置していた中上もアタックをまとめ、1分59秒480で9番手に入り、直接のQ2進出を決めた。

 一方、ファクトリーチームのエースであるアレックス・リンス(スズキ)とドヴィツィオーゾがQ1からのスタートという事態となった。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 永安陽介)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します