現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ミック・シューマッハーに立ちはだかるスーパーライセンスの障壁。F1デビューは2021年以降か

ここから本文です
スポーツ 2019.8.21

ミック・シューマッハーに立ちはだかるスーパーライセンスの障壁。F1デビューは2021年以降か

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 いまや多くの人がミック・シューマッハーのF1デビューを待ち望んでいる。だが、どうやらそれが実現するのは、2021年以降になりそうだ。7度のワールドチャンピオン、ミハエルの息子ミックはハンガロリンクでF2初優勝を飾った後、2020年にF1に乗れる見通しについてはコメントを拒み、「その時期が来れば明らかになる」とだけ述べた。

 しかし、彼が来季からF1でレースをする可能性は、きわめて低い。スーパーライセンスポイントのシステムが障壁となるからだ。

    ロス・ブラウン、ミック・シューマッハーのF2初優勝に「腕をつき上げる仕草はミハエルを思い出させた」と明かす

 このシステムによると、グランプリに出走したいドライバーは、過去3シーズンの間にジュニアフォーミュラの選手権で、少なくとも40点のスーパーライセンスポイントを獲得していなければならない。

 シューマッハーは、2016年にドイツとイタリアのF4で合計14点を得た後、2018年にFIA-F3選手権タイトルを勝ち取って30点を追加しており、現時点でスーパーライセンス取得に必要なポイントを持っている。

 しかし、有効なのは過去3シーズン分となるため、2019年末には2016年の14点が消滅して、2018年の30点に今季のF2選手権での獲得ポイントを加えた点数になってしまうのだ。今年も残り8レースとなった段階で、シューマッハーは選手権ランキング11位。この順位では1ポイントも取れない。

 2020年にスーパーライセンスを取得するのに必要な10点を加えるには、今シーズンを6位以上で終えねばならない。

 それにはハンガリー戦終了時点で6位の周冠宇との62点差を逆転し、かつ今後の獲得ポイントで松下信治、アンソニー・ユベール、ルイ・デレトラ、ジョーダン・キングといったドライバーたちを上回らなければならないのだ。このシナリオは不可能ではないが、かなりハードルが高い。

 そうなると、シューマッハーが来季からF1へ行くために残された選択肢はふたつだ。実際のところ、どちらも決して簡単ではないが、第一の選択肢は2019年のうちにスーパーライセンスの発給を受け、シーズン中に少なくともグランプリ1戦に出走すること。

 たとえば、事実上フェラーリのサテライトチームであるアルファロメオのアントニオ・ジョビナッツィ、あるいは内輪揉めが絶えないハースのドライバーのどちらかと、1レースだけ交代するといった手が考えられる。これが実現すれば、2020年から2022年までライセンスの有資格者になる。

 第二の方法は、金曜のプラクティスを走ったドライバーに、スーパーライセンスポイント1点を与えるという2020年からの新ルールを利用して、ポイントの不足を埋めることだ。

 プラクティス限定ライセンスは25点以上で発給され、フリープラクティスに参加しながらポイントを積み重ねていけば、必要な40点に達した時点でF1のレースに出られるようになる。

 しかし、もっとも可能性が高いシナリオは、やはりF2でもう1シーズンを戦って選手権をトップ6で終えることを目指し、2021年に文句なしのF1デビューを果たすことだろう。


  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します