現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ホンダF1密着 前半戦総括(1):躍進の原動力となったホンダPUの高い信頼性。開発のカギは横の連携と航空エンジン部門の知見

ここから本文です
スポーツ 2019.8.21
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2015年にF1に復帰したホンダにとって、2019年は5年目のシーズンである。ただし、今シーズンはホンダにとって、新たな船出となる一年だった。それは、2019年が復帰後、初めてレッドブルとトロロッソの2チームへパワーユニット(PU/エンジン)を供給するシーズンとなったからだ。

 現在のF1は年間使用基数が制限されているため、ハード面の開発や供給するにあたっての準備に関しては1チームから2チームに増えても、それほど大きな変更はない。供給するチーム数が増えることで問題となるのは、ソフト面でのサポートだ。(AUTOSPORT web)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン