現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > マクラーレン、マシンの性能は“4~6番手”? 「他が優れている」とチーム代表

ここから本文です
スポーツ 2019.8.20
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今季のマクラーレンは前半戦で82ポイントを獲得し、コンストラクターズランキング4番手の座を不動のものとして夏休みに突入した。5番手のトロロッソ(43ポイント)とはほぼ倍近い差をつけている。

 今季は特に中団争いが激化しているが、マクラーレンはダブル入賞を4度記録。他チームでダブル入賞を3回以上記録したチームはなく、いかにマクラーレンが安定しているかが分かる。

    ■フェルスタッペン、”慎重だった”ホンダに理解「マクラーレン時代に色々あったから……」

 マクラーレンのマネージングディレクターを務めるアンドレアス・ザイドルは、シーズン前半戦の戦いぶりについて次のように語った。

「4番手というのは現時点では素晴らしい成績だ。(motorsport.com 日本版)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン