現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > スーパーフォーミュラ第5戦 日曜FP|中嶋一貴がトップ、PPのパロウは2.5秒遅れの最下位

ここから本文です
スポーツ 2019.8.18

スーパーフォーミュラ第5戦 日曜FP|中嶋一貴がトップ、PPのパロウは2.5秒遅れの最下位

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ツインリンクもてぎで行われている2019スーパーフォーミュラ第5戦。日曜朝のフリー走行は中嶋一貴(VANTELIN tEAM TOM’S)がトップタイムとなり、トヨタ/TRDエンジン勢が上位を独占した。

 決勝前のフリー走行は30分と走行時間が限られていることもあり、グリーンシグナルが点灯すると各車一斉にコースインしたが、関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)が3コーナー手前のショートカット部分にマシンを止めてしまった。ちょうどピットレーンに近い場所だったこともあり、マシンはピットに戻され、作業が行われた。

    ■連続PPから連勝を狙う……パロウ「Q3ではトラフィックに遭わないよう祈った」

 それ以外の車両はスタート練習やロングランのデータ収集など決勝に向けたマシンやタイヤの状況の確認を行った。

 ただ、各チームともに決勝ではソフトタイヤをメインに使う戦略を考えているのか、セッション前半は塚越広大(REAL RACING)以外の全員がソフトタイヤで周回を重ねていたのが印象的だった。

 序盤の10分で好タイムを出したのがVANTELIN TEAM TOM’S勢。中嶋一貴が1分34秒013を記録しトップに浮上するとニック・キャシディも1分34秒653で2番手につけた。さらにJMS P.MU/CERUMO・INGINGの坪井翔、石浦宏明も3番手、4番手につけるなどトヨタ/TRDエンジン勢が上位を占めた。

 さらに開始15分のところで山下健太(KONDO RACING)が1分34秒670をマークし3番手につけた。またセッション序盤からガレージでの作業が続いていた関口だが、15分を過ぎたところで修復が完了し走行を再開した。

 一方、ポールポジションを獲得したアレックス・パロウ(TCS NAKAJIMA RACING)は1分36秒台でロングランを行うと、セッションの折り返しを迎えたところでミディアムタイヤに交換し、同じく決勝ペースなどを確認していた。同じタイミングでアーテム・マルケロフ(UOMO SUNOCO TEAM LEMANS)もミディアムタイヤに交換し、コースに戻った。

 残り5分を切ると、キャシディや関口をはじめ数台がミディアムタイヤに交換してチェッカーが振られるまで周回を重ねた。

 赤旗中断等はなく、10時30分にセッション終了。中嶋が2番手に0.6秒以上の差をつけてフリー走行をトップで終えた。2番手にはキャシディ、3番手に山下が続き、トヨタ/TRDエンジン勢が上位を独占した。ホンダ/M-TEC勢では福住仁嶺(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)の7番手が最上位。ポールポジションスタートのパロウはトップから2.494秒遅れの20番手となった。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 吉田知弘)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します