現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 「現代D1GPマシンの礎を築いたS15シルビア」4度のシリーズチャンプを生んだ名チューンドを振り返る

ここから本文です
スポーツ 2019.8.17
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

D1GPマシンのレベルを引き上げた起爆剤

強靭なシャシーとハイパワー! 現代ドリフトマシンの先駆け

    「現代D1GPマシンの礎を築いたS15シルビア」4度のシリーズチャンプを生んだ名チューンドを振り返る

オートプロデュース・ボスの手によって製作され、D1グランプリに2004年の途中から2014年シーズン終了まで参戦していたのがこのS15シルビア。実はこのマシン、チーム体制の変化あわせてカラーリングこそ変わっているものの、10年以上もの間、同じシャシーのまま活躍を続けていた脅威の1台なのである。

しかも、2005年の風間靖幸、2009年から2011年の今村陽一よる3連覇と、なんと同じシャシーのまま4回ものシリーズチャンピオンを獲得。(web option)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン