現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > クラッシュ続出したホッケンハイムのランオフエリア、見直しの必要ありとF1レースディレクターが認める

ここから本文です
スポーツ 2019.8.16
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 F1のレースディレクターを務めるマイケル・マシは、ホッケンハイムのコースについて、この先なんらかのレースが開催される前に、ランオフエリアについて再度見直す必要があると認めた。

 スタジアムセクションの最終連続コーナー付近のランオフエリアにある、ドラッグレースで使用されるターマックのセクションにおいて、先月のドイツGPでは数名のドライバーが足を取られた。(AUTOSPORT web)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン