現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 4時間遅れのレースで奮闘した佐藤琢磨。不運の追突に「最後の展開が楽しみだったのに残念」

ここから本文です
スポーツ 2019.7.22
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アメリカ中西部アイオワ。コーン畑が一面に広がるこの場所でNTTインディカー・シリーズ第12戦が行われた。このショートオーバルのコースを300周に渡ってバトルを繰り広げられた。昨年は日中のレースだったが、土曜のナイトレースで開催されることが多い。

 レイホール・レターマン・ラニガン・レーシングの佐藤琢磨にとってこのアイオワは相性の良いトラック。

    インディカー第12戦詳報:4時間ディレイのミッドナイトレースをニューガーデンが制す。琢磨はまたも不運に泣く

 2011年のKVレーシング・テクノロジー時代に初めてインディカーのポール(日本人初)を獲得した場所でもあり、昨年も3位に入賞している。(AUTOSPORT web)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン