現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【WEC】トヨタTS050、最低車重がプラス14kg。プロローグテストを前に新たな調整

ここから本文です
スポーツ 2019.7.21

【WEC】トヨタTS050、最低車重がプラス14kg。プロローグテストを前に新たな調整

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 FIA世界耐久選手権(WEC)2019/20年シーズンの開幕前に行われるプロローグテストに向け、EoT(技術均衡値)が発表された。トヨタのTS050 HYBRIDは、昨シーズンと比べてマシンの最低重量が14kg増加した。

 EoTはハイブリッドシステムを搭載するトヨタと、搭載していないプライベーター勢のパフォーマンスを均等化するための、性能調整の一種だ。7月23日(火)、24日(水)にバルセロナで行われるプロローグテストを前に発表された最新のEoTでは、TS050の最低重量が918kgとされている。

    ■山下健太、WEC挑戦が決定! トヨタ育成としてLMP2クラスに参戦へ

 これは、昨シーズンの第4戦富士~第7戦スパでの904kgと比べると14kg増となる。トヨタは、”スーパーシーズン”として争われた昨年、開幕戦から第3戦ル・マン24時間レースまでワンツーフィニッシュを達成。ホームレースに先立ち、26kgの重量増を受け入れていた。

 ただ、先月行われたスーパーシーズン最終戦ル・マン24時間レースでは、放出できるハイブリッド・エネルギーが相対的に少なくなる影響を踏まえ、車両最低重量は888kgとされていた。

 一方、プライベーター勢の車両最低重量は、自然吸気(NA)エンジン車両(レベリオン)が824kg、ターボエンジン車両が833kg(ジネッタ)と、昨年のスパから変更はない。

 また、燃料流量についてもトヨタが80kg/h、プライベーター勢は115kg/hで変わらない。

 EoTはいつでも変更される可能性があるため、9月に行われるシルバーストンでの開幕戦で、これらの条件が変わっている可能性は残されている。

 また、ポルシェがLM GTE Proクラスに新しく導入する911 RSRのBoP(性能調整)も発表された。

 グッドウッドで発表された新しい911 RSRは、95%が新設計だという。ただ、テストに向けたBoPでは、クラスチャンピオンに輝いた昨年型よりも最低車重が15kg重くなっている。また、エアリストリクターも0.5mm直径が小さくなっている。

 911 RSRが新しいマシンであることを考慮すると、BoPはこれからさらに調整されていくことになるだろう。一方でフェラーリ488 GTEとアストンマーチン ヴァンテージGTEのBoPは変更されていない。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Gary Watkins)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します