現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 好調マクラーレン、改善の手を緩めず。低速コーナーでの”弱点”解消に取り組む

ここから本文です
スポーツ 2019.7.20
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マクラーレンのマネージングディレクターを務めるアンドレアス・ザイドルは、マシンからさらにパフォーマンスを引き出すためには、弱点である低速コーナーへの対応が優先事項だと語った。

 今季のマシン、MCL34が順調な進歩を遂げ、コンストラクターズランキング4位につけているマクラーレン。しかし、低速時のパフォーマンスが他のマシンに劣っていることが分かっている。

    【動画】F1第10戦イギリスGPハイライト

 次戦ドイツGPの後には、タイトでツイスティなハンガリーGPが控えている。それだけに、マクラーレンはライバルたちに対抗するため、このエリアの改善にかなりの努力をする必要があると考えている。(motorsport.com 日本版)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン