現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 「シビックタイプRはイジらなきゃ損!?」排気系+ECUだけで実測361馬力を発揮する潜在能力の高さ!

ここから本文です
スポーツ 2019.7.20
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ノーマルとは別次元の加速を披露する体感型ブーストアップ仕様

ジェイズレーシングのテスト車両をサーキットで試す!

    「シビックタイプRはイジらなきゃ損!?」排気系+ECUだけで実測361馬力を発揮する潜在能力の高さ!

関西屈指のホンダ車チューナー『ジェイズレーシング』のFK8は、オリジナルパーツの開発や耐久テストに使われているデモカー。ユーザー目線の範囲内で、効率よくチューニングの効果を体感でき、サーキットを走り込める仕様を目指して作られている。

まずエンジンから。純正タービンのポテンシャルはかなり高く、排気系+ECUチューニングによるブーストアップで最高出力361.9ps、最大トルク53.7kgmに到達。(web option)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン