現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 鈴鹿8耐:Team KAGAYAMAの浦本修充が欠場に。新たに2名のライダーを起用

ここから本文です
スポーツ 2019.7.19
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 鈴鹿サーキットで7月25日~28日に開催される2018-2019 FIM 世界耐久選手権(EWC)最終戦“コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース 第42回大会に参戦するTK SUZUKI BLUE MAXは、7月17日に出場ライダーの変更を発表した。

 加賀山就臣がオーナーを務めるTeam KAGAYAMAは、2019年からチーム名をTK SUZUKI BLUE MAXと変えて全日本ロードレース選手権に参戦。鈴鹿8耐にも同チーム名で出場する。

    東京オリンピックに伴い2020年の鈴鹿8耐は7月中旬の開催に。EWC 2019/20年暫定カレンダー発表

 TK SUZUKI BLUE MAXは当初、津田拓也と浦本修充の2名で挑戦する予定となっていた。(AUTOSPORT web)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン