現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > WEC:山下健太の初陣、2019/20年開幕戦シルバーストンのエントリー発表。レベリオンは1台のみに

ここから本文です
スポーツ 2019.7.18

WEC:山下健太の初陣、2019/20年開幕戦シルバーストンのエントリー発表。レベリオンは1台のみに

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 7月17日、WEC世界耐久選手権は8月30日~9月1日にかけて、イギリス・シルバーストンで行われる2019/2020年シーズン第1戦シルバーストン4時間レースの暫定エントリーリストを発表した。先日、今季のWECフル参戦が発表された山下健太のデビューラウンドとなる開幕戦には、LMP1からLM-GTE Amクラスまでの4クラスから合計30台が出場する見込みだ。

 昨季の2018/2019年“スーパーシーズン”に引き続き、年を跨いでの開催となるWECの2019/2020年シーズン。9月に開幕する今季はイギリス、日本、中国、バーレーン、ブラジル、アメリカ、ベルギーと世界各地を転戦し、フランスの伝統的エンデュランスイベント、ル・マン24時間で最終戦を迎えることになる。

    山下健太のWEC挑戦決定。トヨタ育成としてLMP2クラスにフル参戦へ

 そんな2019/2020年シーズンのオープニングイベントとなるシルバーストンには、トヨタが王者防衛を図るLMP1、山下健太のデビューが決定したLMP2、欧州自動車メーカーのワークスが激突するLM-GTE Pro、最多11台と盛況のLM-GTE Amの4クラスから、あわせて30台がエントリーしている。

 最高峰カテゴリーのLMP1クラスでは、TOYOTA GAZOO Racingのドライバーラインアップが確定。フェルナンド・アロンソが抜けた8号車にブレンドン・ハートレーが加わり、セバスチャン・ブエミ、中嶋一貴とともにマシンをシェアすることになった。

 一方、プライベーターチームのSMPレーシングがフルシーズンエントリーを取り消したことで、4チーム計8台から3チーム6台へと台数が減ることになった同クラスは今回、有力プライベーターであるレベリオン・レーシングが1台体制に切り替えたことによって、さらに参戦台数が減少することに。そのレベリオンは3名のドライバーをTBAとし、ジネッタのLMP1カーを走らせるニューカマー、チームLNTもチャーリー・ロバートソンとマイケル・シンプソン以外の4名がTBAとなっている。

 LMP2クラスは、4つの新規参戦チームを含む8台がエントリーリストに名を連ねた。新参チームはいずれもELMSヨーロピアン・ル・マン・シリーズからステップアップを果たすエントラントで、このなかのひとつであるユナイテッド・オートスポーツが、マシンをリジェJS P217からオレカ07にスイッチしてきたのはトピックスのひとつといえるだろう。

 また、同クラスはシリーズ内で唯一、タイヤメーカーのコンペティションが行われており今シーズンはミシュランと、ダンロップに代わるかたちで参入してくるグッドイヤーの2メーカーが激突する。ミシュランを選択しているのはユナイテッド・オートスポーツ、王者シグナテック・アルピーヌ・エルフ、クール・レーシング、チェティラー・レーシングの4チーム。対するグッドイヤーは山下を擁するハイクラス・レーシングのみで、残る3チームについては現時点で明らかにされていない。

 LM-GTEクラスはProが6台、Amは11台というエントリーに。各メーカーのワークスドライバーが送り込まれるプロフェッショナルクラスでは、BMWとフォードの撤退によって2015年シーズン以来、4季ぶりにフェラーリ、ポルシェ、アストンマーティンの三つ巴戦が展開されることになる。なお、各陣営のドライバーラインアップに大きな変更はないが、王者ポルシェがタイトル防衛のために911 RSRの新車を導入することは周知のとおりだ。

 スーパーシーズンから2台増の合計11台での争いとなるAmクラスでは、昨季デビューイヤーながらチャンピオンを獲得した、チーム・プロジェクト1が2台体制へとチーム体制を強化している。

 一方、新参のレッドリバー・レーシングや石川資章率いるMRレーシングなどのフェラーリ勢は、2019/20年シーズンからフェラーリ488 GTEのエボモデルが使用可能となった。同様にアストンマーティン・レーシングとTFスポーツも第2世代のバンテージAMRを導入し、タイトル獲得に向けて反撃に出る。

 暫定エントリーリスト発表時点で14名のイギリス人ドライバーが参加予定のWEC第1戦シルバーストンは8月30日に開幕。決勝は9月1日に行われる予定だ。

■2019/2020年WEC第1戦シルバーストン 暫定エントリーリスト(7月17日版)
No.ClassTeamCarDriver1LMP1レベリオン・レーシングレベリオンR13・ギブソンTBATBATBA5LMP1チームLNTジネッタG60-LT-P1・AERC.ロベルトソンTBATBA6LMP1チームLNTジネッタG60-LT-P1・AERM.シンプソンTBATBA7LMP1トヨタ・ガズー・レーシングトヨタTS050ハイブリッドM.コンウェイ小林可夢偉J-M.ロペス8LMP1トヨタ・ガズー・レーシングトヨタTS050ハイブリッドS.ブエミ中嶋一貴B.ハートレー22LMP2ユナイテッド・オートスポーツリジェJS P217・ギブソンP.ハンソンF.アルバカーキP.ディ・レスタ29LMP2レーシングチーム・ネーデルランドオレカ07・ギブソンF.バン・イアードG.バン・デル・ガンデJ.バン・ウィタート33LMP2ハイクラス・レーシングオレカ07・ギブソンM.ピーターソン山下健太A.フィヨルドバッハ36LMP2シグナテック・アルピーヌ・エルフアルピーヌA470・ギブソンA.ネグラオP.ラゲT.ローラン37LMP2ジャッキー・チェン・DCレーシングオレカ07・ギブソンH-P.タンG.オブリW.スティーブンス38LMP2イオタオレカ07・ギブソンR.ゴンザレスP.マルドナドA.デビッドソン42LMP2クール・レーシングオレカ07・ギブソンN.ラピエールA.ボルガA.コニー47LMP2チェティラー・レーシングダラーラP217・ギブソンR.ラコッテA.ベリッチG.セルナジョット51LM-GTE ProAFコルセフェラーリ488 GTE EvoJ.カラドA.ピエール・グイディ71LM-GTE ProAFコルセフェラーリ488 GTE EvoD.リゴンTBA91LM-GTE ProポルシェGTチームポルシェ911 RSRG.ブルーニR.リエツ92LM-GTE ProポルシェGTチームポルシェ911 RSRM.クリステンセンK.エストーレ95LM-GTE Proアストンマーティン・レーシングアストンマーティン・バンテージAMRM.ソーレンセンN.ティーム97LM-GTE Proアストンマーティン・レーシングアストンマーティン・バンテージAMRA.リンM.マルタン54LM-GTE AmAFコルセフェラーリ488 GTE EvoT.フローF.カステラッチG.フィジケラ56LM-GTE Amチーム・プロジェクト1ポルシェ911 RSRE.ペルフェッティD.ハイネマイヤー・ハンソンM.カイローリ57LM-GTE Amチーム・プロジェクト1ポルシェ911 RSRJ.ベルグマイスターTBATBA62LM-GTE Amレッドリバー・スポーツフェラーリ488 GTE EvoB.グライムスJ.モウレムC.ホーリングス70LM-GTE AmMRレーシングフェラーリ488 GTE Evo石川資章O.ベレッタE.チーバー77LM-GTE Amデンプシー・プロトン・レーシングポルシェ911 RSRC.リードM.キャンベルTBA83LM-GTE AmAFコルセフェラーリ488 GTE EvoF.ペロードE.コラールN.ニールセン86LM-GTE Amガルフ・レーシングポルシェ911 RSRM.ウェインライトB.バーカーTBA88LM-GTE Amデンプシー・プロトン・レーシングポルシェ911 RSRT.プライニングTBATBA90LM-GTE AmTFスポーツアストンマーティン・バンテージAMRS.ヨロックC.イーストウッドJ.アダム98LM-GTE Amアストンマーティン・レーシングアストンマーティン・バンテージAMRP.ダラ・ラナTBATBA

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します