現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 『メルセデス・ベンツSLC』最後の特別仕様車は、初代オマージュのボディカラーを採用

ここから本文です
スポーツ 2019.7.10

『メルセデス・ベンツSLC』最後の特別仕様車は、初代オマージュのボディカラーを採用

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 メルセデス・ベンツのラインアップで最小のクーペであり、全天候型のバリオルーフを備えたオープントップモデル『SLC』に、初代SLKをオマージュしたサンイエローを外装色に設定した最後の特別仕様車『メルセデス・ベンツSLC Final Edition』が登場。6月28日から発売開始となっている。

 1996年に世界初の電動開閉式ハードトップを提げて登場した初代『SLK』は、この3代目の現行モデルで車名を刷新。2016年にメルセデスのロードスターを表す“SL”と、車格を表す“C”を組み合わせ『SLC』に改称されるとともに、大幅な改良を受けて一層上質なロードスターへと進化している。

    19年ぶりの新型はターボを初搭載。『モーガン・プラス シックス』が日本上陸

 今回の特別仕様車は、SLC180 Sportsをベースに有償オプションとしてエクステリアカラーに初代SLKをオマージュしたサンイエローを設定。さらに同車限定の専用ハイグロスブラックペイント18インチAMG 5スポークアルミホイールを標準装備し、フェンダーには専用の“SLC FINAL EDITION”バッジがあしらわれた。

 このエクステリアカラーにはサンイエローの他にポーラーホワイト、オブシディアンブラック、ダイヤモンドホワイト、 セレナイトグレーの計5色から選択可能となっている。

 一方のインテリアにも特別仕様車専用のブラックとシルバーパールの2トーンカラーのナッパレザーシートを採用し、カーボンパターンエンボスが入った専用シフトレバーおよびステアリングを装備。

 カーボンパターンが特徴のブラッシュド・アルミニウム・インテリアトリムを随所に採用し、スポーティな室内空間が演出されている。
 さらにオプション装備として、スイッチを押すだけでルーフトップの透過率を瞬時に変更し、クリアモードとダークモードを自在に切り替えることができるマジックスカイコントロールパノラミックバリオルーフも設定され、ルーフを閉めた状態でも快適なオープンエア気分を味わうことができる。

 また、3リッターのV6直噴ツインターボを搭載するAMGモデル、『メルセデスAMG SLC 43』にも同特別仕様車が設定され、ボディカラーにはサンイエローのみを用意。

 こちらも専用となるマットブラックペイント18インチAMG 5スポークアルミホイールを装着したエクステリアに加え、インテリアでも専用のブラックとシルバーパールの2トーンカラーとなるナッパレザーシートを採用した。

 さらに専用AMG E-SELECTレバーと“AMG EDITION”ロゴが下部に配されるセンターマーキング付き専用デザインステアリングホイールを装備するなど、より上質なドライビング環境が広がっている。

 1.6リッター直列4気筒直噴ターボを搭載する180は右ハンドル仕様、AMG43には左右ハンドルが用意され、価格はそれぞれ595万、989万円となっている。
メルセデスコール:0120-190-610
メルセデス・ベンツ日本ウェブサイト:http://www.mercedes-benz.co.jp

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します