現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > アロンソの復帰、ベッテルの離脱……2020年に向けた“シリーシーズン”が動き出す

ここから本文です
スポーツ 2019.7.8

アロンソの復帰、ベッテルの離脱……2020年に向けた“シリーシーズン”が動き出す

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 F1ドライバー市場は、トップドライバーの契約が2020年まで結ばれているため、大きな動きがあった昨シーズンより安定しているように見える。

 だが、F1で長きに渡って安定なものは何もなく、シーズンが中盤に差し掛かるにつれて、パドックには噂がひしめき合い既にチームとドライバーは2020年に向けてギアを入れているようだ。

    ■ホンダと組む限り、アロンソ加入は絶対ない……レッドブルが主張

 今年のF1ドライバー市場における最も魅力的な面のひとつとして、ステップアップを果たそうとするルーキーだけではないことがあげられるだろう。

■ドライバー市場の動きはオコンが鍵?

 そのドライバー市場で、中心的な役割を果たすかもしれないドライバーとして、エステバン・オコンと、フェルナンド・アロンソが挙げられる。

 メルセデスの育成ドライバーであるオコンは、昨シーズンにダニエル・リカルドがルノーへ電撃移籍を果たしたことの犠牲者でもある。オコンはルノー移籍の契約を結べると信じていたのだ。

 しかし、リカルドの移籍によってオコンはシートを失い、他のチャンスも消え去った。オコンには今シーズンをメルセデスのリザーブドライバーとして過ごす以外の選択肢が無いに等しかった。

 現在、彼をF1に戻すためのシートを手配する努力が為されており、内部の情報によると多数の選択肢があるという。

 オコンの第1目標はメルセデスだ。現在バルテリ・ボッタスが結んでいる契約の期間は単年となっている。つまりチームは2020年のルイス・ハミルトンのチームメイトをどうするか決める必要があるのだ。

 ボッタスは昨シーズン、未勝利に終わる厳しい1年を過ごしたが、今シーズンは既に2勝を挙げるなど力強い結果を示しており、オコンの出る幕はなくなったようにも見える。だが、ウルフはボッタスがチームに留まるならばこうしたレースを続ける必要があることは明らかだ、とコメントしている。

「バルテリは昨年、それが好ましいものではないにしろ、1年の契約延長は問題はないと私に語っていた」

 ウルフはmotorsport.comに対しそう語った。

「バルテリはF1のシートに座るのに値すると思う。そして彼はそれが自身のパフォーマンス次第だということを理解している。それから我々は彼のことをとても気に入っているよ」

「シーズン始めの1/4はとても強かった。ただ彼は成果を稼ぎ、そうしたことを行い続ける必要がある……これは我々、バルテリと私達が合意したことでもある」

 ボッタスが“成果を稼ぎ続けた場合”、メルセデスが影響力を持つウイリアムズとレーシングポイントが、オコンにとってF1復帰の明らかなチャンスになるだろう。だが、彼がメルセデスとの関係を維持する必要があるかははっきりとしていない。

 ウルフはオコンのキャリアのために関係を断つことが必要なら行う考えがあるという。

「彼はメルセデスのドライバーだという認識がある。恐らく我々は登録を整理して、彼のキャリアを追求できるようにする必要があるだろう。だが、それは彼に対する扉を閉ざすということと同じではない」

 それはメルセデスの支配下から解放するという意味かと訊くと、ウルフは「ドライバーが他のチームでドライブする場合、彼はとにかく(メルセデスから)解放されるだろうと思う。(その時は)彼はメルセデスのドライバーではない。それは他のチームでドライブする場合、そのチームのために最高の能力をもたらす契約にサインするからだ」と語っている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Jonathan Noble)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します