現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > フェラーリの再審請求は”パンドラの箱“を開きかける行為だった? メルセデス代表が指摘

ここから本文です
スポーツ 2019.6.25
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 F1第8戦フランスGPの初日となる金曜日、スチュワードはカナダGPでセバスチャン・ベッテルへ科されたペナルティに対するフェラーリからの再審請求を受け、彼らの提出した新たな証拠の検証が行われていた。

 スチュワードはフェラーリの提出した新たな証拠を「重要で関連性のある新しい要素」ではなかったと結論づけ、カナダGPで科されたペナルティに対する再審請求は棄却された。

    ■「F1は今も難しい」フェルスタッペン、“カートの方が疲れる”説を一刀両断

 メルセデスのチーム代表であるトト・ウルフは、再審が認められていた場合、それは将来、レース中のインシデントに対する同じような決定へのチームの”抗議”を促すことになっていただろうと語っている。(motorsport.com 日本版)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン