現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > フランスGPで初の最下位フィニッシュだったラッセル「クビサの動きは危険だったけど、楽しいバトルだった」

ここから本文です
スポーツ 2019.6.25
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ウイリアムズのジョージ・ラッセルは、F1フランスGPの序盤、高速右コーナー”シーニュ”でチームメイトのロバート・クビサにオーバーテイクを仕掛け、コーナー出口でワイドに膨らんでしまった。その際ラッセルは、フロントウイングの左側をポリスチレンボードにぶつけてしまった。

 国際映像には映されなかったが、その後ラッセルはクビサをオーバーテイク。しかしポリスチレンボードとの接触によるダメージにより、2度目のピットストップを強いられることとなり、結局最下位に下がり、そのままフィニッシュした。(motorsport.com 日本版)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン