現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ハース、フランスGPは“最悪の”週末。チーム代表のシュタイナー「諦めたらそこで終わり」

ここから本文です
スポーツ 2019.6.25
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 先日行われたF1第8戦フランスGP、ハース勢はケビン・マグヌッセンが15番グリッドスタートからウイリアムズ2台の前となる17位でフィニッシュ、ロマン・グロージャンは16番手を走行していたが、エンジンマイレージの節約と次戦オーストリアGPで新たなギヤボックスを投入するための戦略的なリタイアを選択した。

 結局、チームはフランスGPで1ポイントも獲得することができなかった。また、ハースは直近3戦での獲得ポイントも、わずか1ポイントに留まっている。(motorsport.com 日本版)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン