現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 「長くAE86ドリフトライフを楽しむための3Sエンジン換装」ミッション&デフもアルテッツァ化してトラブルフリーの性能をGET!

ここから本文です
スポーツ 2019.6.20

「長くAE86ドリフトライフを楽しむための3Sエンジン換装」ミッション&デフもアルテッツァ化してトラブルフリーの性能をGET!

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アルテッツァのパワートレインをフル移植したハチロク!

街乗りも快適で壊れない3S-G仕様

    「長くAE86ドリフトライフを楽しむための3Sエンジン換装」ミッション&デフもアルテッツァ化してトラブルフリーの性能をGET!

4.5A-G仕様のNAメカチューンでAE86ドリフトライフを楽しんでいたオーナーだったが、子供が産まれるのをキッカケに方向転換。壊れなくてそこそこ速いという理由で3S-Gエンジンの換装に踏み切った。

搭載した3S-Gは、KMSのワンオフEXマニフォールド&マフラーを導入した200馬力の吸排気チューン仕様。かつての4.5A-G仕様より絶対的な速さは劣るものの、それなりにパワフルだしトラブルが少ないのが魅力なのだとか。

また、以前の4.5A-G仕様では駆動系トラブルも絶えなかったが、エンジンのみならずミッションやデフまでアルテッツア用を移植したこともあり換装以来ノントラブル。当然エアコンやパワステ等の快適装備も生かせるし、NAなので4A-Gと変わらない感覚で走れるのもポイントだ。

なお、エンジン換装にあたっては3S-Gはエンジン高があるため、逃げの大きいランフリー製ボンネットを組んでなんとか収めた。ワンオフエアロに叩きだしフェンダーで外装もバッチリとメイクされている。ヘッドライトやテールランプはオーナー自らLED加工している。

メインメーターはアルテッツァ用の純正を完全移植。ECUごと移設しているため、燃料計もキッチリと動くし車検の心配もナシだ。

車高調はニューロ(F13kg/mm R8kg/mm)で、ブレーキキャリパーはフロントにFC3S用を、リヤにAE111用をそれぞれ移植している。マスターバックはスターレット用を流用して前後の効き具合を調整する。ホイールはフロントがSSRのプロフェッサーMS1でリヤはボルクレーシングのCE28だ。

他車種のエンジンを換装するチューニングは大幅なパワーアップを目的としたものが多いが、このAE86オーナーにとっては長くドリフトを楽しむためのエンジンスワップというわけだ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(web option web option編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します