現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【MotoGP】「感心しない動きだ」クラッチロー、中上貴晶の“アグレッシブな”オーバーテイクを批判

ここから本文です
スポーツ 2019.6.19
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 MotoGP第7戦カタルニアGPで惜しくも転倒リタイアに終わったLCRホンダのカル・クラッチロー。彼はチームメイトの中上貴晶が試みたオーバーテイクに良い印象を持っていないと語った。

 クラッチローはターン4で、中上が必要の無いアグレッシブさで自身を追い抜こうとしたと見ている。

    ■ ロレンソ、好調なスタートに“興奮しすぎた”? 多重クラッシュの瞬間を語る

 彼は中上の動きを、自身が残り6周の段階で4番手争いでジャック・ミラー(プラマック)を追い越そうとしていた際の動きと比較して語った。

「スタートで何が起こったかといえば、タカが僕をターン4で押し出したんだ。本当だ。これで僕のレースは台無しにされた。(motorsport.com 日本版)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • civ*****|2019/06/19 18:00

    違反報告

    中上が正しい
    ロレンソみたいな真似したわけでは無い
    そういう嫌がらせやプレッシャーに負けないで欲しい
    判定は運営がする事だから
  • ken*****|2019/06/19 18:29

    違反報告

    まっ、クラッチローが中上をみとめて、脅威になる前にジャブを打ったて感じですかね。
    相手にしてなかったらわざわざそんな事は言わないでしょう。
  • mas*****|2019/06/19 18:33

    違反報告

    最近のクラッチローさんはMotoGPのご意見番的な存在になっていますね。
    今回の件は中上選手が完走8位、クラッチロー選手はいいところまで行って自分のミスでリタイヤ。チームメイトが型遅れのマシンでランキングが自分よりも上ときたら、レース後は頭に血が上っているから文句を言いたかったんだろうね・・・。もともと熱くなりやすい男みたいなんで。そう言えば日本人の中上選手はちょっと大人しくなるんじゃないかな、みたいな・・・。
    中上選手には来年はクラッチロー選手同様に新型のマシンに乗れるよう頑張ってもらいたいですね。
    そんなことを言われて縮こまっているようだったら表彰台は無理でしょう・・・。頑張って!!!

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン