現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【2019 Drift Kingdom Rd3】川井健太郎選手が今シーズン初優勝

ここから本文です
スポーツ 2019.6.13
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

3戦すべて優勝者が異なる混戦模様へ

 6月8日~9日、宮城県スポーツランドSUGOにある西コースを舞台に、「ドリフトキングダム第3戦」が開催された。第2戦を欠席した土屋圭市審査委員長が戻り、さらにSUPER GTシリーズにニスモチームから参戦し活躍する現役GTドライバー、松田次生選手も審査員として今季初合流。さらにD1GP初年度から参戦しており、過去に幾度もタイトル獲得経験を持ち、今シーズンから審査員に加わった今村陽一審査員とともに3名による審査で開催となった。

    土屋圭市が審査するドリフト競技に約100台のハチロクがエントリー

 今季のドリフトキングダムは全6戦が予定されており、このSUGO戦が3戦目。(Auto Messe Web)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • nan*****|2019/06/13 13:29

    違反報告

    有る意味劇的なレースだった、益山選手はプロペラシャフトが折れたんだけど、加工側が折れてしまった。3年位?交換していなかったらしい。
    ただ、一番目立っていたのは中村直樹。練習走行から先行車を煽りまくり(笑)。
    あれは迫力の走りだったな、追走は本当に見応えが有った。
    中村直樹は先行では追突されたり、暫定表彰式では一位になった、、と思ったら空気圧騒ぎで失格。残念な結果だったけど走りは目立っていた。
    因みにドリフト侍もアンダーパワーなS13で上手さを見せ健闘、総合2位を獲得している。
    車両も大事だが、選手のテクニックも大きかったな。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン