現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 第2世代ベントレーがブランパンGT初優勝。ポール・リカール1000kmでポール・トゥ・ウイン達成

ここから本文です
スポーツ 2019.6.4
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ブランパンGTシリーズ第4戦ポール・リカール1000kmの決勝が6月1日、フランス南部のポール・リカール・サーキットで行われ、ベントレー・チームMスポーツの107号車ベントレー・コンチネンタルGT3(ジョーダン・ペッパー/スティーブン・ケイン/ジュール・グーノン組)がポール・トゥ・ウインで今季初優勝を飾った。

 ブランパンGTエンデュランスカップの3戦目として行われた同ラウンドは通常、3時間で争われる他のシリーズ戦とは異なり、2倍の6時間で争われる耐久レースイベントだ。

    ブランパンGT第3戦:SMPレーシングが10番手から大逆転。ランボルギーニとのイタ車対決制す

 7月末に行われるスパ24時間の前哨戦にも位置づけられる今戦のレース開始時刻は18時。(AUTOSPORT web)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン