現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > スーパーGT第3戦鈴鹿|平川亮、僅差で予選2番手に終わるも「全体的に良いステップが踏めた1日だった」

ここから本文です
スポーツ 2019.5.25
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 鈴鹿サーキットで行われている2019スーパーGT第3戦。#37 KeePer TOM’S LC500(平川亮/ニック・キャシディ)はGT500クラスで予選2番手を獲得。僅差で#36 au TOM’S LC500(中嶋一貴/関口雄飛)に敗れる結果となったが、平川によると37号車としては良いステップを踏めた1日だったという。

 気温30度を超える真夏日の中で行われた公式予選だが、37号車は常に上位につける速さをみせた。Q1はニック・キャシディが担当し1分46秒311をマーク。3番手でQ1通過を果たすと、Q2では平川亮がアタックし1分45秒788を叩き出した。(motorsport.com 日本版)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン