現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ルノーPU、モナコGPでようやくフルパワー解放? コンロッドの信頼性不足が足枷に

ここから本文です
スポーツ 2019.5.24
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ルノーF1のマネージングディレクターであるシリル・アビテブールは、パワーユニット(PU)の信頼性不足が原因で、シーズン序盤は出力を抑えざるを得なかったと明かした。

 今季のルノーがMGU-Kに関連するトラブルに見舞われていたことは既報の通りだが、V6エンジン(ICE)にも根本的な問題を抱えていたことは、これまで明らかにされていなかった。

    【動画】F1モナコGPフリー走行2回目ハイライト

 その問題が発覚したのは、ニコ・ヒュルケンベルグが第2戦バーレーンGPでリタイアを喫した時だった。そして解決策を模索する間、つまり第3戦中国GPと第4戦アゼルバイジャンGPでは、パフォーマンスを抑えて走行せざるを得なかったという。(motorsport.com 日本版)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン