現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > クビアト14番手「タイム向上の余地がたっぷりある。予選までにセットアップを改善したい」:トロロッソ・ホンダ F1モナコGP木曜

ここから本文です
スポーツ 2019.5.24
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2019年F1モナコGPの木曜、レッドブル・トロロッソ・ホンダのダニール・クビアトはフリー走行1=13番手/2=14番手だった。

 FP1では40周のなかで1分13秒731を記録、FP2では39周を走り、初日の自己ベストタイム1分12秒577をマークした。このタイムはチームメイトのアレクサンダー・アルボンより0.546秒遅く、トロロッソのチーフレースエンジニア、ジョナサン・エドルズによると、クビアトのマシンはバランスがうまく決まっておらず、FP2でのセットアップ変更によって多少は改善が見られたが、まだ完璧ではないという。(AUTOSPORT web)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン