現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > レッドブル・ホンダのガスリー、第二のホームグランプリに意気込み「大好きなモナコで昨年同様いいレースをしたい」

ここから本文です
スポーツ 2019.5.23
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 レッドブル・ホンダのピエール・ガスリーは、2019年第6戦F1モナコGPに向けて、ポジティブな気持ちを抱いている。昨年好結果を残した場所であり、自身にとってはホームレースのひとつともいえるグランプリだからだ。

 ガスリーはトロロッソ時代の2018年、モナコをF1で初めて走り、予選10番手、決勝7位という好結果を出した。これはガスリーにとってバーレーンでの4位、ハンガリーでの6位に次ぐ成績だった。

    ホンダF1、表彰台獲得の勢いを維持してモナコへ「低速でのドライバビリティが重要。上位を狙いたい」と田辺TD

「モナコの週末は他とは違う特別なものだ。大好きなグランプリのひとつだよ」とガスリーは言う。

「予選での1ラップはシーズンで最もエキサイティングかもしれない。(AUTOSPORT web)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • kun*****|2019/05/23 09:24

    違反報告

    ストレートで勝負出来るようになってるのは大きいが
    その分ダウンフォースを削ってコーナーに影響が出てるんだろう
    その点では去年とは逆だからなあ
    吉とでるか凶とでるか・・・

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン