現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 2021年に向けた“先行投資”は危険すぎる……ルノー首脳、リソース調整に頭を悩ます

ここから本文です
スポーツ 2019.5.22
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2009年にダブルタイトルを獲得したブラウンGPが示したように、F1におけるレギュレーション改定は、早い段階からリソースを投入したチームが一気に勢力図を塗り替えるという、絶好のチャンスとなり得る。

 2021年には大規模なレギュレーション変更が予定されているが、それに先立って各チームは、将来の開発に向けて既にリソースを調節し始めている。上記の理由から、2021年に向けて先行投資するという誘惑に駆られているチームもあると思われる。(motorsport.com 日本版)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • dic*****|2019/05/22 20:51

    違反報告

    そんな事言ってる場合かな。 本気でタイトル獲りたいなら投資するべき。 それは予算豊富なワークスチームしか出来ない特権だと思う。 メルセデスだっていち早くPU開発進めたから今がある。 まして今後コストキャップが導入されたら開発速度は必然的に遅くなる。 他と差をつけたいなら早い方が良いと思う。
  • bad*****|2019/05/22 21:02

    違反報告

    あのリーマンショック後すぐににBMW,ホンダ,トヨタがそそくさと撤退。
    メーカー系のチームは株主あってのF1なので予算がないとどうにもならない。
    メルセデスのようにCEOのバックアップがあればかなりチカラ強い。
    そろそろ、景気が悪くなるのは見えているので考え所と思う。
    国内でも各メーカー新車の生産がかなり制限かかっている。
  • whi*****|2019/05/22 22:19

    違反報告

    ルノーのような三年落ちの車でだましだまし戦ってるようなチームが2020年の為にリソースを割く何て言われても「は?」って感じ。
    いさきぎよく2021年シーズンに向けて貯金したら?

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン