現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 元F1世界王者のジャッキー・スチュワート、急逝したニキ・ラウダとの想い出を語る「彼は三度死んだ」

ここから本文です
スポーツ 2019.5.22
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 月曜日に急死した元F1世界チャンピオンのニキ・ラウダについて語ったジャッキー・スチュワートは、やはりあの大事故のことが強烈な思い出として残っているという。その大事故とは1976年ドイツGPが開催されたニュルブルクリンクのことで、ラウダは大火傷を負いながらも九死に一生を得ていた。

「あの事故の際、実際のところニキは二度死んでいた。そしてその度に、信じられないほどに強い生きる意志で、こちらの世界に戻って来たのだ。しかし三度目の今回は、残念ながら奇跡は起きなかった」

    「人生の光を失った」──急逝したニキ・ラウダにモータースポーツ界やハリウッドから哀悼のコメント

「事故直後のイタリアGPで、私はBBCのコメンテーターとしてモンツァに来ていた。(AUTOSPORT web)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン