現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 初代テック21カラーが34年ぶりに復活。ヤマハが2019年の鈴鹿8耐参戦体制を発表

ここから本文です
スポーツ 2019.5.22
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヤマハは5月22日、都内で7月25日~28日に鈴鹿サーキットで開催されるFIM世界耐久選手権(EWC)の最終戦、鈴鹿8時間耐久ロードレース第42回大会の参戦体制発表会を行った。

 ヤマハは2018年、鈴鹿8耐4連覇に挑戦。YAMAHA FACTORY RACING TEAMとして中須賀克行、アレックス・ロウズ、マイケル・ファン・デル・マークの布陣で参戦した。

    桜井ホンダが鈴鹿8耐参戦体制を発表。レジェンドライダー伊藤真一が24回目の8耐に挑む

 迎えた決勝レースは、中須賀が土曜日のフリー走行で負傷し、ロウズ、ファン・デル・マークの2人体制だったが、ライバルたちの追撃を振り切り優勝。鈴鹿8耐4連覇を達成した。(AUTOSPORT web)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン