現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > カルロス・サインツJr.、モナコGPに向け懸念。スペインGP最終セクターでマクラーレンの”弱点”が浮き彫りに

ここから本文です
スポーツ 2019.5.21
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マクラーレンのカルロス・サインツJr.は、ホームレースのスペインGPで8位を獲得したものの、低速のセクター3で大きくタイムロスをしており、これが次戦モナコGPへの懸念だと感じているようだ。

「僕たちはかなり苦しんだ」と、サインツJr.は説明した。

    ■フェルナンド・アロンソ&マクラーレン、まさかのインディ500予選落ち「たとえ34位でも、家でテレビを観ているよりずっと良いよ」

「ペースがなかった。最終セクターでとても苦戦したんだ。リヤエンドのグリップがなかったんだ」

「僕は背後に(ルノーのダニエル)リカルドを従えていた。そして最終セクターで、リヤと風に苦しんでいた。(motorsport.com 日本版)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン