現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 第103回インディ500予選詳報:2日間に渡る壮絶なアテンプト合戦で33グリッドが決定

ここから本文です
スポーツ 2019.5.20
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 第103回インディ500はシモン・パジェノー(チーム・ペンスキー)がポールポジションを獲得した。キャリア11回目のPPは、もちろんインディ500では初めてのものだ。

 今年も予選は4日間のプラクティスを終えた後に、週末2日間を使って行われた。

    第103回インディ500まとめ

 予選1日目に平均229.854mphで3番手だったパジェノーは、予選2日目に行われたファストナインシュートアウト(レギュラーシーズンのロード/ストリートコースならトップ6による予選ファイナルを戦うが、インディ500では最速9人がPPからの9グリッドを競い合う)に進出。(AUTOSPORT web)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン