ここから本文です
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • jyh*****|2019/04/24 06:29

    違反報告

    RB26DETTは名機だね
  • nb_*****|2019/04/24 06:58

    違反報告

    20年で何万キロ走ったの?
    耐久性云々なら距離も書かないとわからんぞ?
    距離が少ないなら壊れなくて当然だし。
  • fyg*****|2019/04/24 06:47

    違反報告

    そんなに馬力上げてどこを走るんですか?
    サーキットなら分かりますが、ストリートチューンだったら、公道を暴走ですか?
  • er3*****|2019/04/24 08:25

    違反報告

    BCNR33はそれなりにいじったけど、今のBCNR33オーテックは耐久性を考えて純正マフラーとエアクリーナーのままでフジツボのフロントバイプとBNR34のメタル触媒、現車合わせのCPUの組み合わせで300馬力ちょっとに抑えてるけど十分楽しめる
  • nqh*****|2019/04/24 07:08

    違反報告

    エンジンよりもストラットタワーの錆の方が深刻
  • vei*****|2019/04/24 07:48

    違反報告

    何だか微妙な説明ですね。ストロークで2.7化だと上が犠牲になる。私なら掘るけど500ps程度ならストリート仕様なんでしょうから高回転まで不要なんでしょうかね?

    2.7化を行う前にVカム化を優先した方が良かったのでは?

    T78を回すのはわかりますがEXを何センチで選択しているかがわかりません。
    V-PRO制御だそうですがバージョンの記載も無いですね。
    サージはノーマルだわスロットルはシングル化していないわ、なによりヘッドの色使いが強烈に変。基本的に速い車のエンジンルームは誰が見ても綺麗で美しいものです。

    ヘッド加工の内容がひとつもないですが、こんな記事の書き方だとお店の信憑性に関わるような気がします。

    ミッションだって、おおよそ500psを境に純正ミッションは3速が砕けるはじめますが、
    この対策はどうしているんだろう?最低でもOSクロスは必須になります。
    ファイナル変更はどうなんでしょう?

    不明な点だらけです
  • one*****|2019/04/24 11:07

    違反報告

    耐久性重視ならノーマルだろ・・バカじゃねぇか?
    タービン換えてE/Gにノーマル以上の負荷かけといて耐久性ちゃんと犠牲になってるだろ。
    ヘッドすら開けてないのはホントだろうけどね。
    おそらく腰上O/Hでもすればそのヘタリ具合が露骨に出るだろう・・こういう車こそシャシダイにでも載せてトルク曲線でもチェックしたら?その方が主張の正当性が認められると思うぞ。
  • ari*****|2019/04/24 22:45

    違反報告

    ワケしり顔がこざかしい理屈で33Rを評価する
    32Rより伸びたホイールベース
    大きくなったボディ
    ピュアに走りを追求していないと
    笑わせるぜ
    何も見えてないくせに
    その時その領域を共にした者だけが、33Rこの本質を知るんだ

    大きくなったボディや伸びたホイールベースは
    たしかにコーナーでのダルさや車との一体感を欠く
    だがそれは低速度域、低過重でのハナシだ
    大きいボディは空力を優先し200kmからキク
    長いホイールベースは超高速域で急激な変化を押さえ込み
    信じられない一体感安定感を出す
    結果、恐ろしい速さで右に左に舞える

    そして一番大事なコト
    33Rは真っ直ぐ走ろうとするんだ
    その領域を知らない者達はカルく言う
    最高速なんて真っ直ぐでしょ
    ただアクセルベタ踏みでしょ
    車は真っ直ぐ走らない
    その領域で真っ直ぐ走る車は世界中ドコにもないんだ

    そして公道300kmを出すというコトは
    必然的に250km級のコーナリングを繰り返していくコトなんだ
  • aqs*****|2019/04/24 19:52

    違反報告

    殆ど乗ってないんじゃないのか?普通はノーマルでも壊れるぞ。
  • aro*****|2019/04/25 02:25

    違反報告

    6発また乗りたいとこだが。確かに4気筒には、無いものあるんで。興味ある人は、一度乗ってみて下さい。