現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【MotoGP】バレンティーノ・ロッシと同じようにタイトルを獲っていたら、既にMotoGPを引退していたはず……ランキング首位ドヴィツィオーゾ語る

ここから本文です
スポーツ 2019.4.23
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 生ける伝説とも言われるバレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)。彼はMotoGP最高峰クラスで7度のタイトルを獲得し、現在40歳ながらもまだまだトップレベルのパフォーマンスを発揮し続けている。

 ただ近年ではチャンピオンシップに挑むのはもちろん、勝利を挙げるのも難しくなりつつある。事実、ロッシは2017年のオランダGP以降、勝利から遠ざかっている。

    ■ロッシ、バイクの改善に満足。ランキング2位につけるも「マルケスが”本命”」

 今季ランキングの首位に立っているドゥカティのアンドレア・ドヴィツィオーゾは、ローマで開催されたイベントで、ロッシについて次のように語った。

「彼は考え方を変えたと思う。(motorsport.com 日本版)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • kir*****|2019/04/24 08:36

    違反報告

    どびちをーぞさんメンタル弱いから去年一昨年とシーズン終盤に必ずタイトル争いから脱落してる
    '06のヘイデンや'12のロレンソを見習った方が良い
    どんな状況でも諦めずポイントを一番稼いだヤツがチャンピオンになれる
  • nqe*****|2019/04/24 17:44

    違反報告

    ロッシは数年前までは勝って当然チャンピオンが義務みたいな気持ちもあったかもしれないけど、ここ最近の様子を見てると改めてチャレンジャーとして勝ちを求めてる感じがしないでもないので、ファンとしてはロッシももう表彰台がやっとかな…とか思わずに応援していきたい。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン