現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 全日本F3選手権第2戦鈴鹿:スタートを決めた宮田莉朋が第1戦の雪辱を果たす。アーメドが2位に

ここから本文です
スポーツ 2019.4.21
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 全日本F3選手権第2戦は4月21日、三重県の鈴鹿サーキットで17周の決勝レースが行われ、スタートを制した宮田莉朋(カローラ中京 Kuo TOM'S F317)が波乱の展開を制し優勝。通算3勝目・今季初勝利を飾った。2位はエナム・アーメド(B-Max Racing with motopark F3)、3位は小高一斗(カローラ中京 Kuo TOM'S F317)となった。

 直前のスーパーフォーミュラ第1戦の決勝で複数回のセーフティカーが出たことから、10分遅れとなる16時35分にフォーメーションラップがスタートした全日本F3選手権第2戦。(AUTOSPORT web)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン