現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > フェラーリは”黄金時代”を見習うべき! ゲルハルト・ベルガー、チーム代表ビノットの過負荷を懸念

ここから本文です
スポーツ 2019.4.21
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ゲルハルト・ベルガーは、フェラーリの現チーム代表であるマッティア・ビノットが責任に押し潰されないように、チームが”政治”に対処するのを助ける人物を起用することを考慮した方が良いと主張した。

 2019シーズンの始めから、フェラーリはそれまでテクニカルディレクターを務めていたビノットを、チームの総合的なリーダーに昇格させた。

    【F1通算1000レース特別企画】ニッポンのファンが選ぶ、思い出のF1レースベスト10

 オフシーズンテストでは好調だったフェラーリだが、シーズン開幕3戦で優勝することはできず、逆にメルセデスに3戦連続ワンツーフィニッシュを許してしまった。(motorsport.com 日本版)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン