現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【スーパーフォーミュラ】フリー走行1回目は山下健太がトップタイムを記録。マルケロフはコースオフで走行時間を失う

ここから本文です
スポーツ 2019.4.20

【スーパーフォーミュラ】フリー走行1回目は山下健太がトップタイムを記録。マルケロフはコースオフで走行時間を失う

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 鈴鹿サーキットで2019年のスーパーフォーミュラがいよいよ開幕を迎えた。土曜フリー走行1回目では、KONDO RACINGの山下健太がトップタイムを記録した。

 開幕戦は天候に恵まれ気温21度、路面温度29度のドライコンディションで1時間のフリー走行がスタート。

    ■ 金曜走行2番手の関口雄飛、予選に向け復調の兆し「自分好みのフィーリングになった」

 KONDO RACINGの国本雄資が即座にソフトタイヤでコースイン。最初のタイム計測で1分38秒918をマークすると、国本はそのままピットインしている。また、チームメイトの山下健太は1分39秒027を記録している。

 セッション開始7分、アーテム・マルケロフ(UOMO SUNOCO TEAM LEMANS)が縁石に乗ってしまいデグナーカーブでコースオフを喫してしまう。ルーキーのマルケロフにとっては、貴重な走行時間を失うってしまう結果となった。このアクシデントによりイエローフラッグが掲出される。その後セッション残り50分の段階で、レッドフラッグへ変更されている。

 残り42分になるタイミングでセッションが再開される。そしてルーカス・アウアー(B-Max Racing with motopark)、トリスタン・シャルパンティエ(REAL RACING)、関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)らがソフトタイヤでコースイン。

 そしてセッション再開後すぐ、山下がタイムを更新し、1分38秒704でひとまずトップに浮上。そして山本尚貴(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)も1分38秒995で3番手までタイムを更新した。

 残り35分、初日トップタイムを記録している関口がデグナーカーブでスピンしかかりコースオフ。関口はそのまま走行を続けると、各セクターをベストタイムで纏め1分38秒881を記録する走りを見せた。

 セッション残り20分、平川亮(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)が1分37秒956のタイムをマークし、トップへ浮上した。

 終盤に差し掛かり残り15分頃、中嶋一貴(VANTELIN TEAM TOM’S)も1分37秒975とタイムを縮め、2番手につける。さらに残り10分を切ると、アレックス・パロウ(TCS NAKAJIMA RACING)が1分38秒218で3番手に付ける。

 残り5分、山本がタイムを更新し、1分37秒857でトップを奪い取る。関口も続いてアタックに入ると、1分37秒852の僅差でトップ浮上した。

 チェッカーフラッグの振られるタイミングで、山下が1分37秒634をマークしトップタイムを更新。セッション終了のチェッカーとともに小林が1分37秒795で2番手に上がる。

 セッションはここで終了し、最終的にトップタイムは山下健太、2番手に小林可夢偉、そして3番手は関口雄飛となった。現チャンピオンの山本尚貴は4番手に付けている。

 タイムシートの上位にはトヨタ/TRDエンジン勢が占めており、4番手の山本がひとり気を吐いている状況だ。

 そして、フリー走行後のスタート練習ではパロウとアウアーがエンジンストールしてしまうルーキーらしい場面も見られた。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 永安陽介)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します