現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > クビサ、チームメイトに遅れを取る状態に首を傾げる。「他のドライバーにできていることができずにいる」

ここから本文です
スポーツ 2019.4.20
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ウイリアムズF1のロバート・クビサは、なぜ決勝レースになるとチームメイトのジョージ・ラッセルに大きく遅れをとってしまうのか、説明できるような要因がつかめずに悩んでいる。

 2019年シーズン開幕前、クビサは相対的に見て一発のスピードが自身の主な弱点だと認識しており、一方でロングランについては、F1への奇跡的な現役復帰を果たして以来快調に走れるという感触を持っているようだった。

    クビサ「目立った出来事は、フォーメイションラップ中のスピンぐらい」:ウイリアムズ F1中国GP日曜

 クビサの予選での進歩は中国GPでも目立つものがあり、予選Q1をラッセルからわずか0.03秒遅れで走り終えている。(AUTOSPORT web)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • r99*****|2019/04/21 12:24

    違反報告

    ベッテルと同じ、ターボ車の乗り方に対応出来ていない。

    ベッテルはソコソコ慣れたけど、いざ緊迫したバトルになると踏みすぎてクルクル風車。

    NA1000馬力と同じようなアクセルワークでは、スライドしまくりで今のタイヤではレース出来ません。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン