現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 「世にも珍しいラクティスのツインチャージ仕様」2.0Lターボ勢をブチ抜く280馬力のスーパーコンパクトミニバンの登場だ!

ここから本文です
スポーツ 2019.4.19

「世にも珍しいラクティスのツインチャージ仕様」2.0Lターボ勢をブチ抜く280馬力のスーパーコンパクトミニバンの登場だ!

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

GT-SSタービンとGTS7040スーパーチャージャーのツイン過給!

モリモリの低速トルクを保持する280馬力のコンパクト!

    「世にも珍しいラクティスのツインチャージ仕様」2.0Lターボ勢をブチ抜く280馬力のスーパーコンパクトミニバンの登場だ!

このラクティス(NCP100)、スーパーチャージャーチューンを得意とする「カーメイキングレヴュー」を訪れ、仕様変更の相談をしているうちにアレコレとプランが発展。ツインチャージャー化やそれに伴う周辺補機類はもちろん、マニュアルミッションの換装やレースパックを中心にしたメーターパネルの製作など、車両全体に妥協なきチューニングが施工されることになった。

完成した1NZチューンドエンジンは、GT-SSタービンとGTS7040スーパーチャージャーを直列に配置したツインチャージシステムが与えられ、電子制御スロットルや可変バルタイなどはF-CON Vプロ(4.0)で制御。見た目にもインパクトの高い大容量サージタンクの製作など徹底的に作り込まれているのが見て分かる。

また、燃料系は送りパイプしかない設計のためコレクタータンクを製作し、強化ポンプ&レギュレターを設置。必要な燃料の送り込み燃圧の確保を行う。

重要なエキゾースト環境は、レヴューによるワンオフシステムで排気効率を極限までアップ。これらが組み合わさることで最高出力はなんと280psに到達! しかも低速域からトルクがビンビンに立ち上がるパワー特性を手に入れた。なお、ミッションはAE111用の6速マニュアルを換装している。

インテリアメイクも凄まじい。センターにはカーボンパネルにデフィの追加メーターが6連で配され、メーターパネルにはレースパックのマルチモニターが鎮座しているのだ。

ステアリングやシートを含め、コンパクトミニバンとは思えないほどレーシーなコクピットメイクだ。

ちなみに、エンジンがノーマルであるため全開走行が続くと許容出力を越える可能性が高いが、それはオーナーも納得済み。壊れたらエンジン内部の本格チューンに着手するつもるとのことだから今後の発展も楽しみだ。

スペック

1NZ改ツインチャージ仕様(280ps) HKS GTS7040スーパーチャージャー/GT-SSタービン/F-CON Vプロ(Ver.4.0)/オイルクーラー/EVC レヴュー ワンオフサージタンク/エキマニ/マフラー/インタークーラー(HPI汎用) AE111用6速ミッション換装 OS技研ツインプレートクラッチ ブリッド ガイアス×2脚 レースパックマルチモニター 他

●取材協力:カーメイキングレヴュー 千葉県袖ヶ浦市長浦580-74 TEL:0438-60-3133

※現在カーメイキングレヴューではメカニックを大募集中とのこと! 興味がある人は問い合わせていただきたい。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(web option web option編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します