現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1第3戦中国GP FP2:メルセデスとフェラーリが僅差の争い。フェルスタッペンは3番手と好調もガスリーはやや出遅れ

ここから本文です
スポーツ 2019.4.12
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 4月12日の金曜日午後2時に行われたF1第3戦中国GPフリー走行2回目は、メルセデスのバルテリ・ボッタスがトップタイムをマークした。気温19℃、路面温度34℃と、さらに温度が上がった。セッション開始直前、ホンダからトロロッソのダニール・クビアト車のパワーユニットを急きょ交換することが発表された。

 FP2もフェラーリの2台が、最速タイムを出す展開。まずはセバスチャン・ベッテルが、1分34秒783でトップに立った。しかしすぐにシャルル・ルクレールが、コンマ5秒以上速いペースでトップを奪い返す。(AUTOSPORT web)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン