現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > フェルスタッペン「“予選モード”の効果を実感。4番手は予想以上の結果だった」:レッドブル・ホンダ F1オーストラリアGP土曜

ここから本文です
スポーツ 2019.3.16

フェルスタッペン「“予選モード”の効果を実感。4番手は予想以上の結果だった」:レッドブル・ホンダ F1オーストラリアGP土曜

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2019年F1オーストラリアGPの土曜予選で、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは4番手だった。

 レッドブルは土曜FP3を前にフェルスタッペン車のサバイバルセルを交換、これはチームのスポークスパーソンによると「フュエルセルに関する懸念による、予防的措置での交換」だったということだ。

    ホンダ田辺TD「レッドブルとの初予選で4番手は堅実な結果。PUに何の問題もなく、いい幕開け」:F1オーストラリアGP土曜

■アストンマーティン・レッドブル・レーシング
マックス・フェルスタッペン 予選=4番手
 今日の予選の成り行きにとても満足している。今週末はいくつか問題に直面し、今朝も(シャシー交換を行うことになり)少し心配したが、ここにいるスタッフとファクトリーのスタッフが協力し合っていいセットアップを見つけてくれた。2列目を確保できたことに満足していいと思う。

 Q1はとてもタイトだった。ここのようなストリートサーキットでは、最初のランをうまく決める必要があるんだ。(1回のランの)2回目のアタックラップでタイムを更新することができてラッキーだった。それでも僕らは他のドライバーたちとは違って(Q1で)1セットしかタイヤを使わなかったので、かなりきわどかった。

 予選モードによるパフォーマンス向上を間違いなく感じた。そのこともうれしかったよ。

 いいバランスを見つけるのが簡単ではなかった。前とのギャップを見ると、今の僕らが理想的な位置にいないことは明らかだ。でも現実的に考えて、今はこのグリッドポジションに満足しよう。予選4番手というのは、セッション前の予想よりいい結果だからね。

 明日の決勝でどういう結果を出せるのかはまだ予測できない。金曜に完全なロングランを走ることができなかったしね。でもタイヤはとてもよく持つみたいだから、クリーンなスタートを切ることができれば、やれることが見えてくるだろう。


  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します