現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > レッドブル・ホンダF1のフェルスタッペン、金曜日のうちにモノコックを交換。原因は燃料漏れか

ここから本文です
スポーツ 2019.3.16

レッドブル・ホンダF1のフェルスタッペン、金曜日のうちにモノコックを交換。原因は燃料漏れか

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 F1開幕戦オーストラリアGP、金曜フリー走行が終わった初日、レッドブル・ホンダのガレージは深夜になっても煌々と明かりがつき、メカニックたちが必死に作業を続けていた。彼らはマックス・フェルスタッペン車のモノコック交換作業を行っていたのだった。

 初日フリー走行でフェルスタッペンは、メルセデスの2台に次ぐ3番手タイムをマーク。とはいえルイス・ハミルトンにコンマ8秒もの大差を付けられ、本人はマシンバランスに不平を述べていた。その後レッドブルは、フェルスタッペン車のモノコックを急きょ交換する決断を下した。

    やっぱり速かったハミルトン、僚友対決を制して開幕戦ポール獲得。レッドブル・ホンダは明暗分かれる【F1オーストラリアGP予選】


 オランダのラジオ局『グランプリラジオ』の独自報道によれば、モノコック交換には当初3つの原因が考えられたという。ひとつ目は縁石に激しく乗り上げるなどして、モノコックを破損した可能性。ふたつ目は製造不良。そして最後に、燃料タンクからの燃料漏れ。最終的にこの燃料漏れの可能性が、最も高いとのことだ。

 ケブラー製の燃料タンクは、レース現場では簡単に交換できない。そのためモノコックごと交換する決断を下したと見られる。幸い交換作業は予想ほどは長くかからず、カーヒュウ(夜間作業制限時間)前までに終了することができた。新しいモノコックで走ったフェルスタッペンは、FP3は9番手、予選ではフェラーリのシャルル・ルクレールを上回り4番手に終わっている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します