現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > MotoE、火災のダメージ大きく開幕戦が中止に。今季中のレース開催は明言

ここから本文です
スポーツ 2019.3.15

MotoE、火災のダメージ大きく開幕戦が中止に。今季中のレース開催は明言

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 MotoGPのサポートシリーズとして、今シーズンから開催される予定だったMotoEシリーズだが、ヘレスでの開幕前テスト初日の深夜にパドック全体が火災に見舞われ、バイクが全台焼失してしまった。この影響で、5月のスペインGPで行われる予定だった開幕戦がキャンセルされることになった。

 火災の原因は現在調査中であるものの、MotoGPを運営するドルナ・スポーツが出した最新の声明によれば「火災が始まった際、充電中のバイクはなかった」という。

    ■新カテゴリーMotoEマシン、全台焼失。テスト中のヘレスで火災に巻き込まれる

 同じ声明の中で、5月5日に予定されていた開幕戦ヘレスを延期し、スケジュールを修正することが確認された。

「ドルナ・スポーツとこの新しい冒険における、すべてのパートナーは、FIM Enel MotoEワールドカップを可能な限り早急に軌道に戻すことを約束する。火災で失われたバイクや道具の再製造、代替作業がすでに始まっている」

「MotoEは2019年にレースを行う。改訂版のカレンダーが発表される予定だ」

 スペインGPをスキップすることになったMotoEは、その2週間後にブガッティ・サーキットで行われるフランスGPが開幕戦となりそうだ。

 元々は、7月のザクセンリンク(ドイツ)、8月のレッドブル・リンク(オーストリア)、および9月のミサノ(サンマリノ)でのダブルヘッダーの計6レースでカレンダーが構成されていた。

 しかしながら、運営側は中止となった開幕戦の代替レースをカレンダーに追加し、全6レースの開催を維持しようとしているようだ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Valentin Khorounzhiy)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します