現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 新カテゴリーMotoE受難。マシンが全台焼失……テスト中のヘレスで火災に巻き込まれる

ここから本文です
スポーツ 2019.3.14

新カテゴリーMotoE受難。マシンが全台焼失……テスト中のヘレスで火災に巻き込まれる

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 MotoEのテストが行われていたヘレス・サーキットのパドックで火災が発生。持ち込まれていた18台全てのマシンが被害に遭ってしまったという。

 ヘレスでは3日の日程で、MotoEの開幕前テストが行われていた。しかしその初日である水曜日の夜、パドックで火災が発生し、サーキットに持ち込まれていた18台全てのマシンが焼失してしまった。

    ■電動バイク『MotoE』ファーストシーズン、欧州で全5戦開催

 火災は現地時間の深夜24時15分頃に発生。MotoEのパドック全体を完全に包み込んでしまったという。

「新たに建てられたEパドックで火災が発生し、FIM Enel MotoEワールドカップの大部分の素材が破壊されてしまった」

 主催者はそう声明を発表している。

「火災の原因は、現在のところ調査中です」

「幸いなことに、この火事による負傷者はいませんでした。火災の正確な原因と、今後のカレンダーの変更に関しては、近日中に明らかにする予定です」

 昨年、MotoGPの新たなサポートレースとして立ち上げが発表されたMotoE。グランプリの週末、日曜日に10周程度の短いレースとして行われる予定だった。そしてその最初のレースは、5月3~5日にかけてヘレスで行われるスペインGPの予定となっている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Oriol Puigdemont, Valentin Khorounzhiy)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します