現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ブランパンGT:エンデュランスカップは今季も49台が年間エントリー。日本車は2台

ここから本文です
スポーツ 2019.3.14

ブランパンGT:エンデュランスカップは今季も49台が年間エントリー。日本車は2台

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 3月13日から、フランスのポールリカールで、ブランパンGTシリーズのテストがスタートした。同時にシリーズを運営するSROモータースポーツ・グループは、エンデュランスカップ、スプリントのブランパンGTワールドチャレンジ・ヨーロッパのエントリーを発表している。

 GT3カーのメインシリーズでもあり、シリーズ創設当初から多くのエントラントを集めているヨーロッパのブランパンGTシリーズ。今季もエンデュランスカップ、ワールドチャレンジ・ヨーロッパの2シリーズが開催されるが、そのシーズンエントリーが発表された。

    澤圭太がABSSA Motorsportを新設。ブランパンGTアジアにマクラーレン720S GT3を投入へ

 例年多くの台数を誇るエンデュランスカップは、今季は49台がエントリー。エボ化されるアウディR8 LMS、ランボルギーニ・ウラカンGT3が多数で、フェラーリ488 GT3、メルセデスAMG GT3も使用チームが多い。また、今季デビューとなる新型GT3カーはポルシェ911 GT3 Rが4台、アストンマーティン・バンテージGT3は5台が揃う。

 ベントレー・コンチネンタルGT3は3台が参戦するが、1台ずつのエントリーとなったのは、BMW M6 GT3、そしてホンダNSX GT3、レクサスRC F GT3という日本車GT3カーの2台。NSX GT3は、ジェンソン・バトンが往年のチーム名を復活させたジェンソン・ロケット・チームRJNが、レクサスはテック1レーシングが走らせる。シリーズ最長のスパ24時間にはニッサンGT-RニスモGT3や、ホンダ、レクサスも台数は増えそうだが、今季は欧州車が多いシリーズとなりそうだ。

 ブランパンGTワールドチャレンジ・ヨーロッパもその傾向は顕著で、こちらは日本車はなし。5車種のみが争うシリーズとなった。

「こうして健全なエントリーリストを見たり、パドックで新チームや復帰チームを見ることができ、うれしく思っているよ」と語るのは、SROモータースポーツ・グループCEOのステファン・ラテル。

「エンデュランスカップは今年も非常にハイレベルなエントリーが集まり、10の自動車メーカーのブランドが揃っている。このカテゴリーが生まれてからの成長を示す者だろう。また今季は、ホンダNSX GT3をフルシーズン見ることができ、その他にも多くの新車が登場する」

 テスト初日となった13日は、ブラックファルコンの4号車メルセデスAMG GT3を駆ったマーロ・エンゲルがトップタイムをマーク。このテストにはホンダ・レーシングが30号車として1台を参加させ、スーパーGTテストを控えるベルトラン・バゲットがマルコ・ボナノミとマシンをシェアしていたが、2番手に続いた。

ブランパンGTシリーズ・エンデュランスカップ
2019シーズンエントリーリスト
NoClassTeamCar2ベルジャン・アウディクラブ・チームWRTアウディR8 LMS4ブラックファルコンメルセデスAMG GT36Silver cupブラックファルコンメルセデスAMG GT39Am cupブーツェン・ジニオンBMW M6 GT310ベルジャン・アウディクラブ・チームWRTアウディR8 LMS12Silver cupオンブラ・レーシングランボルギーニ・ウラカンGT315Am cupブーツェン・ジニオンランボルギーニ・ウラカンGT317ベルジャン・アウディクラブ・チームWRTアウディR8 LMS19GRTグラッサー・レーシングチームランボルギーニ・ウラカンGT320Silver cupGPXレーシングポルシェ911 GT3 R22Silver cupジェンソン・ロケット・チームRJNホンダNSX GT323Am cupテック1レーシングレクサスRC F GT325サンテロック・レーシングアウディR8 LMS26Pro Am cupサンテロック・レーシングアウディR8 LMS27Pro Am cupダイコ・ラザルス・レーシングランボルギーニ・ウラカンGT328Silver cupダイコ・ラザルス・レーシングランボルギーニ・ウラカンGT329Am cupターゲット・レーシングランボルギーニ・ウラカンGT331Pro Am cupチーム・パーカー・レーシングベントレー・コンチネンタルGT333Am cupリナルディ・レーシングフェラーリ488 GT342ストラッカ・レーシングメルセデスAMG GT352Pro Am cupスピリット・オブ・レースフェラーリ488 GT354ダイナミック・モータースポーツポルシェ911 GT3 R55Silver cupフェニックス・レーシングアウディR8 LMS59ガレージ59アストンマーティン・バンテージAMR GT362Rモータースポーツアストンマーティン・バンテージAMR GT363GRTグラッサー・レーシングチームランボルギーニ・ウラカンGT366アテンプト・レーシングアウディR8 LMS67アテンプト・レーシングアウディR8 LMS72SMPレーシングフェラーリ488 GT374Pro Am cupラム・レーシングメルセデスAMG GT376Rモータースポーツアストンマーティン・バンテージAMR GT377Am cupバーウェル・モータースポーツランボルギーニ・ウラカンGT378Silver cupバーウェル・モータースポーツランボルギーニ・ウラカンGT387Pro Am cupアッカASPチームメルセデスAMG GT388アッカASPチームメルセデスAMG GT389Silver cupアッカASPチームメルセデスAMG GT393Pro Am cupテンペスタ・レーシングフェラーリ488 GT397Pro Am cupオマーン・レーシングチーム・ウィズTFスポーツアストンマーティン・バンテージAMR GT398ローヴェ・レーシングポルシェ911 GT3 R99ローヴェ・レーシングポルシェ911 GT3 R107ベントレー・チームMスポーツベントレー・コンチネンタルGT3108ベントレー・チームMスポーツベントレー・コンチネンタルGT3188Am cupガレージ59アストンマーティン・バンテージAMR GT3333Silver cupリナルディ・レーシングフェラーリ488 GT3444Am cupHBレーシングフェラーリ488 GT3488Am cupリナルディ・レーシングフェラーリ488 GT3519オレンジ1・FFFレーシングチームランボルギーニ・ウラカンGT3555Silver cupオレンジ1・FFFレーシングチームランボルギーニ・ウラカンGT3563オレンジ1・FFFレーシングチームランボルギーニ・ウラカンGT3

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します