現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 2ドアには適さない? オーストラリア・スーパーカーが共通シャシー見直しを議論

ここから本文です
スポーツ 2019.3.14

2ドアには適さない? オーストラリア・スーパーカーが共通シャシー見直しを議論

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 VASCヴァージン・オーストラリア・スーパーカーのCEOを務めるショーン・シーマーとシリーズの技術部門は、現在採用している“Gen2”と呼ばれる共通規定コントロールシャシー『カー・オブ・ザ・フューチャー(COTF)』に関して「技術的変更が可能かどうか、CAD(コンピュータ支援設計技術)上での検討を開始した」ことを認め、4ドアに最適化されたシリーズ共通シャシーを2ドア用に微調整する可能性を示した。

 FIAインスティテュートの開発したサイドインパクト構造などを採用した鋼管ロールケージ製COTFシャシーは、2013年の規定導入時にはホールデン・コモドア、フォード・ファルコン、ニッサン・アルティマ、メルセデス・ベンツEクラス、そしてボルボS60など4ドアサルーンに最適化されたデザインで登場した。

    2019年のオーストラリアSC戦うフォード・マスタングがデビュー戦連勝で白星発進

 しかし2017年からはGen2と呼ばれる新規定が発効され、2ドアクーペや5ドアの解禁、さらにはエンジン規定にも見直しが行われ、シリーズの魂とも言われる5リッターのV8自然吸気OHVのみならず、V6や直列4気筒、そして直噴ターボの採用も認められることとなった。

 これにより長年シリーズに冠されてきた"V8"の文字は消滅し、オーストラリアV8スーパーカーから、現在のヴァージン・オーストラリア・スーパーカーへと名称も変更されている。

 そのシリーズでしのぎを削ってきたホールデンとフォードは、そろってこの2シーズンの間にGen2規定対応の新型マシンを投入。2018年には5ドアハッチバックボディを持つホールデン・コモドアZBが登場し、現在は計画が延期されているものの北米のGMパフォーマンスセンターではキャデラック・ベースのV6直噴ツインターボの開発も予定している。

 そして2019年には満を持して、フォードがブランドの象徴とするスポーツカー、マスタングをシリーズに投入し、開幕戦のアデレード500ではデビュー2連勝という華々しい活躍を演じてみせた。

 このフォード・マスタング・スーパーカーの登場により、当然GMホールデン陣営も宿命のライバルであるシボレー・カマロへのスイッチを計画しているものの、そのプロジェクトを推進するホールデンの高性能市販車部門『ホールデン・スペシャル・ビークルズ(HSV)』を運営するウォーキンショー・アンドレッティ・ユナイテッドは「現行規定の共通シャシーにカマロのボディシェイプを合わせる作業は、一旦見合わせたい」との新たな見解を示している。
 その最大の要因が4ドアサルーン想定で設定されたメインロールフープの最大高であり、このシャシーに寸法を合わせ込んだフォード・マスタング・スーパーカーは、ロードゴーイングモデルよりも明らかに高いルーフラインを持つに至った。

 これに対し、VASCのシーマーCEOは“Next-Gen”とされる規則改定の可能性に「自動車市場との永続的な関係性を維持するために、また異なるマシン、マニュファクチャラーの参戦機会を担保するためにも、規則を早期に見直す可能性はある」と語った。

「我々、VASCの技術部門は現在20を超えるCADデータを有していて、それらのファイルすべてを現行規定シャシーに落とし込み、最大公約数的にあらゆるモデルに対応するにはどのような変更を加えるべきか、検討を進めているところだ」とシーマーCEO。

「そこで得られた知見やデータを、トリプルエイトやHSV、DJRやティックフォードなどのOEMマニュファクチャラーにフィードバックし、彼らの意見に耳を傾け情報共有する必要がある。ただし“ロールフープの高さを変更する必要があるか”だけを議論するのは時期尚早だと思っている」

 開幕戦アデレードの現地で応えたシーマーCEOの発言に対し、今季フォード・マスタングのシリーズ投入に尽力したフォードのグローバル・レーシング・ディレクターであるマーク・ラッシュブルックと、DJRチーム・ペンスキー代表のライアン・ストーリーも「新型モデル投入直後ではあるものの、彼の意向を全面的に支持する」と語った。

「当然、このマスタングの開発に際して現行規定を慎重に読み込んで対処したよ。マシンサーフェスに変更を加えるとどれほどの影響が出るかも良く理解しているし、その効果は決して小さくない。とくにルーフ高のような空力性能に直接関係するパネルはね」と説明したラッシュブルック。

「しかし今季に向けた我々の労力を考慮してもなお、ショーン(シーマー)のやろうとしていることは正しいアプローチだと思う。シリーズの将来にとって何がベストか、異なるメーカー間で共通理解を持っておくことは必要だと感じている」

 一方のストーリー代表も「この経過はCOTF導入時にすごく似ていると思う」と、ラッシュブルックの言葉に付け加えた。

「技術規定の変更に伴う開発作業は多岐にわたり、その作業量は大きな負担になる。かつての我々は、あらゆる分野を詳細に議論し、全チームが承認した上でシリーズの方向性を決定してきた。正しいやり方でそれ(シャシー規定の変更)をすることに、私たちは寛容だと思う」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します