現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 『ジープ・コンパス』にモハーベ砂漠をイメージした初採用カラーの限定車が登場

ここから本文です
スポーツ 2019.3.14

『ジープ・コンパス』にモハーベ砂漠をイメージした初採用カラーの限定車が登場

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ジープのミドルサイズSUVラインとして2017年に2代目に進化した『ジープ・コンパス』に、アメリカ南西部に広がるモハーベ砂漠をモチーフとしたエクステリアカラー限定車『Jeep Compass Mojave Sand Edition(モハベ・サンド・エディション)』が登場。3月9日より100台限定で発売開始となっている。

 ジープのラインアップで下から2番目のサイズとなり、その弟分であるジープ・レネゲードと同じスモールワイド4×4アーキテクチャーを採用したコンパスは、全グレードともに2.4リッターの直列4気筒自然吸気マルチエア16バルブ“タイガーシャーク”を搭載。

    ルノー・カングーでおなじみのカラー限定車第9弾はイースターエッグをイメージ

 その中間グレードとして2019年初頭にも仕様変更を受けた6速ATのFF前輪駆動モデル“Longitude(ロンジチュード)”をベースに、コンパスとしては初採用となるベージュ系のMojave Sand C/C(モハーベ・サンド・クリアコート)のカラーをまとった。

 モデル名の由来となったモハーベ砂漠はアメリカ南西部のカリフォルニア州、ユタ州、ネバダ州、アリゾナ州をまたぐ広大な砂漠で、未踏の地を切り拓く冒険心が表現されるとともに、ロンジチュードの特徴的なブラックルーフとのコントラストと相まって引き締まった印象を与えている。

 インテリアもエクステリアカラーを基調としたベージュとブラックのツートーン配色とし、上質な空間を演出するとともに、クラッシュミティゲーション(衝突被害軽減ブレーキ)付きの前面衝突警報やLaneSense車線逸脱警報プラス、ParkSense縦列/並列パークアシスト、Parkviewリアバックアップカメラ、アダプティブクルーズコントロールなど、ドライバーを支援する数々の安全機能及び装備の充実が図られている。

 これら内外装の特別カラーや充実の装備にもかかわらず、価格はベースモデルから据え置きの369万円となっている。
公式サイト:https://www.jeep-japan.com/special_models/compass-mojave.html

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します