現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 彼は各国から金銭を“搾取”していた……現F1オーナー、リバティ・メディアが元F1会長を批判

ここから本文です
スポーツ 2019.3.13

彼は各国から金銭を“搾取”していた……現F1オーナー、リバティ・メディアが元F1会長を批判

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 リバティ・メディアはF1の新しいオーナーとなって以降、アゼルバイジャンとレース契約を延長するなど、いくつかの取引を成功させてきた。

 しかしながら、ドイツ、スペイン、イタリア、メキシコの各GPとの契約更新には未だ至っていない。

    ■未来のF1はこんなカタチ? 2021年マシンコンセプト画像が流出

 これらの国とは金銭的な意見の食い違いがあり、その中にはメキシコやスペインなど、公的援助を打ち切られた国もある。

 リバティ・メディアのCEOであるグレッグ・マッフェイは、前F1会長のバーニー・エクレストン時代にまとまった契約の下で、各国があまりにも多くの金銭を支払っていたと語る。

「バーニーは非常に良い仕事をしていたが、同時にプロモーターから金銭を搾取していた」とマッフェイは言う。

「バーニーが過去、多くの国に過大な支払いを要求したことで、我々は大打撃を受けている」

「さらに悲しいことに、メキシコ政府はF1への補助金を撤廃しようとしている。スペインも同じだ」

 なお、新しいイベントの開催についてマッフェイは次のように語っている。

「我々はマイアミでのレース開催に向けて取り組んでいるところだが、そこには多くの障害がある」

「よって我々はラスベガスなど、アメリカの他の選択肢も考えている。そしてもうひとつの選択肢として、アフリカでの開催も考えている」

 加えてマッフェイは、西ヨーロッパには強力なファンの地盤があるとも語った。

「我々は常にバランスを取ろうとしている。それは歴史的な西ヨーロッパの国々と確固たるものを築くことと、ベトナムやアフリカにレースを拡大していくこととのバランスだ」

「まだ何も発表する準備はできていないが、今後成長させたい場所と、これまで通り強固な関係を築きたい場所とを慎重にカレンダーに組み込んでいきたい」

 なお、マッフェイは2020年の開催が決まっているベトナムGPについて「よりエキサイティングでポジティブな改善がなされるだろう」と答えた。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Adam Cooper)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • nan*****|2019/03/13 19:33

    違反報告

    バーニーは非常に良い仕事をしていたが、同時にプロモーターから金銭を搾取していた
       ↑
    87年のCG誌にエクレストンのインタビューが掲載されている、最初は年齢を話す事さえ拒み、更には選手の契約金が高すぎると制限しようとしたり、レーシングチームを始めた原資を得た方法等数々の疑惑も否定しなかった。
    更に「観客もパドックに入るべきでは無い、パドックは戦場なんだ」と選手·観客問わず非難していた。しかしながら「フランク·ウイリアムズやロン·デニスはカネの為にレースをやっているのでは無い、彼らにカネを渡せば全額をロードレースに使うだろう」と話す辺り、やはりロードレースは好きやったんやろな。
    功罪相半ばする、、、エクレストンやけど東日本大震災の時は被災者を日本GPに招待した辺りは全くの悪人では無かったのかも知れない。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します