現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 接触の衝撃で……トップ走行中にまさかの失速。日産のローランド、痛恨の”FCYスイッチ誤操作”|フォーミュラE香港

ここから本文です
スポーツ 2019.3.13

接触の衝撃で……トップ走行中にまさかの失速。日産のローランド、痛恨の”FCYスイッチ誤操作”|フォーミュラE香港

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日産・e.ダムスのオリバー・ローランドは、フォーミュラE香港ePrix決勝でトップ走行中に謎の失速で順位を落としてしまったが、これはサム・バード(ヴァージン)から追突されたことで、誤ってスピードリミッターを作動させてしまったことが原因だったという。

 ローランドは雨絡みの予選をうまくまとめ、フォーミュラE参戦5戦目にしてフロントロウを獲得。決勝のスタートでは好ダッシュを見せ、トップに浮上した。

    ■フォーミュラE香港ePrix最終結果:長時間の審議を経て……バードの優勝取り消し。モルタラがFE初優勝

 するとレース開始3分足らずのところで、後方で多重クラッシュが発生し、レースは赤旗中断となった。この時点で、2番手には7番手スタートから猛然と追い上げていたバードがつけていた。

 リスタート後は、イケイケのバードに追われる展開となったローランド。しかし、ターン1のヘアピンのブレーキングでバードがタイヤをロックさせ、ターンインしたところでローランドのリヤに追突してしまった。

 この接触が、ローランドにとって痛恨となるミスを誘発したのだ。

「サムがコーナーの真ん中で僕のリヤに当たってきたんだ。それで僕はステアリングホイールを”ロスト”して、フルコースイエロー(FCY)用のボタンを押してしまった。時速50kmにスピードが制限されてしまって失速した」

 ローランドはそうmotorsport.comに語った。

「僕はピットレーンリミッターが原因だと思ったので、それを2回オンオフした。その後(FCY)ボタンを押すだけで問題は解決した。1000万回中、1回起きるかどうかのハプニングだ」

 ローランドはこの失速により、10番手までポジションダウン。その後は攻撃的なオーバーテイクを見せるなど挽回を目指していたが、レース残り5分半のところでトラブルによりマシンがストップし、リタイアとなった。

「その(失速の)後、僕はダニエル(アプト)や(ゲイリー)パフェットと少し接触した。それでマシンがダメージを受けたんだ」

「マシンが止まった時には、何かと接触した訳ではなかった。原因をチェックする必要がある」

 ローランドは、レースを台無しにする遠因となった接触について、バードを非難するつもりはないと付け加えた。

「サムが何か本当に間違ったことをしたとは思っていない。時には、それが起きることもある」

「みんな色々な接触について文句を言うけれど、それに慣れる必要があるんだ」

「時にはマシンを押されることもあるし、自分が押してしまうこともある。彼がしたことにペナルティは出されていないし、僕は接触について、彼に泣きつくつもりもない」

「これが僕のミスだとも考えていない。あの状況でできることは何もない。レース毎に良くなってきたので、僕は戦い続ける必要がある」

 なお、バードはレース終盤にアンドレ・ロッテラー(DSテチータ)とトップ争いを展開。しかしここでもロッテラーに追突し、ロッテラーのリヤタイヤをパンクさせてしまった。バードはトップでチェッカーを受けたものの、レース後にタイム加算ペナルティを受け6位に降格となっている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Tom Errington)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します