現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1王者ハミルトン「中団グループは、先頭に近づいた……その差は0.5秒以下かも」と予想。今季は大混戦?

ここから本文です
スポーツ 2019.3.13

F1王者ハミルトン「中団グループは、先頭に近づいた……その差は0.5秒以下かも」と予想。今季は大混戦?

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 メルセデス、フェラーリ、レッドブルの3チームは、ここ数年のF1で、圧倒的なパフォーマンスを発揮。中団グループ以下のマシンを大きく引き離してきた。しかし、メルセデスのルイス・ハミルトンは、今季のアドバンテージは小さくなったと考えている。

 今季のF1は、オーバーテイク増加を目指して、空力レギュレーションが変更された。ハミルトン曰く、このレギュレーション変更に伴いマシンのデザインが混乱したため、合同テストでの先頭グループと中団グループのパフォーマンスは、非常に近くなったという。

    ■そこに愛はなかった……リカルド、レッドブルとの契約交渉について語る

「僕の知る限りでは、トップ3チームに近づいたようだ」

 そうハミルトンは中団グループについて語る。

「どのチームが4番手になるのか、僕には分からない。でも、彼らは過去のポジションより、(我々に)ずっと近いところにいるようだ」

「彼らは以前、1秒かそのくらいの差の位置にいた。今では0.5秒以下かもしれない。でも、それは素晴らしいことだと思う」

「彼らが年間を通じてどれだけ成長するか、トップ3チームのように開発する能力があるか……おそらくそれが最大の問題になるだろう」

「エキサイティングな戦いになるだろう。ルノーやフォースインディア(現レーシングポイント)は、以前よりも高いポジションをレースで戦うことになるだろう」

 中団グループで最速なのではないかと予想されているのは、レッドブルからダニエル・リカルドを獲得したルノーである。ルノーは僅かな差ではあるものの、中団グループをリードしていると考えられている。

「多くのクルマが、非常に接近することになるだろう」

「だから、『誰がクリーンなラップを走るのか』ということによって、1~3ポジションくらいの違いを生む可能性がある」

「皆がどんなポジションに立つのか、それを知るのを楽しみにしている。テストでは、それが非常に近かった」

「シーズン最初には、トップグループの数チームが、少し抜け出しているように見えるだろう。しかし、中団グループがどう戦ってくるのか、それを見ることになるはずだ」

「メルボルンでの結果が、シーズン全体の結果に繋がるとは思えない」

「今シーズン、特に最初の6レースでは、状況がかなり変化することになるだろう」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Scott Mitchell)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します