現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > そこに愛はなかった……リカルド、レッドブルF1との契約交渉について語る

ここから本文です
スポーツ 2019.3.13

そこに愛はなかった……リカルド、レッドブルF1との契約交渉について語る

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 昨年限りでレッドブルを離れ、今年はルノーからF1に参戦するダニエル・リカルドは、メルボルンの日刊紙「The Age」のインタビューに応え、古巣に噛み付いた。

 リカルドは昨年の中頃に交渉の席に着いたが、チームメイトであり、既に長期契約を結んでいたマックス・フェルスタッペンが明らかに優先されていたこともあって、レッドブル離脱を決めた。

    ■「メルセデスより速い」ヘルムート・マルコ、レッドブルRB15に並々ならぬ自信

「物理的なものは何もなかった。例えばマックスが僕より良いフロントウイングを使っていた、といったことはないだろう」とリカルドは言う。

「ただ彼は非常に早くチームに溶け込み、大きな契約を結んだ。僕はチームがこう考えているように感じた。『マックスは君よりもチームを強く信頼してくれている。だから君との交渉には時間がかかる』」

「おそらくレッドブルは、僕が他の場所に行くつもりはないと考えていたのだろう。ただそれは間違った考えだ」

「おそらくそこに愛はなかった」

 さらにリカルドは、昨年のアゼルバイジャンGPでの同士討ちをチームが喧嘩両成敗としたことも、彼の決断を後押ししたと言う。

「あの一件は僕の決断の一因になった。チームは僕らふたりの過失とみなしたが、クラッシュしてすぐ、僕はこう思った。『奴(フェルスタッペン)は批判されるべきだ。本当に最悪だ』とね」

「もし僕らが逆の立場、つまり僕がブレーキングエリアで2度動いて、そこにマックスが追突していたならば、同じように扱われていただろうか?」

「いろんなことがうまくいかなかった」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Andrew van Leeuwen)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します